だれでもできる!裁判傍聴をしてみよう!

裁判を傍聴してみよう

だれでもできる!裁判傍聴をしてみよう! header image 2

いつどこで裁判をやっているの?

2014年01月24日 · コメント(0) · 未分類

 

 

何らかの事件が開廷中であれば、いつでもその裁判所に赴き実際に裁判を体験することができます。ただし、繰り返し報道される有名事件などについては入廷する際に整理券が必要となります。これについては、裁判所のホームページ内に詳しい情報が記載されていますので、ご希望の方はそちらをご確認ください。では有名な事件以外の裁判を体験したい場合はどうしたら良いでしょうか。裁判を体験したい日にご希望の裁判所に赴くと、法廷の入口や受付付近に「開廷表」というものが掲示されていて、開廷時刻、事件番号、原告名、被告名などがその表に記載されています。ご希望の裁判とその開廷時刻を確認して実際にその裁判を体験することができます。ただし、この表に記載される裁判はあくまで当日の裁判のみとなっていて、翌日以降のものは含まれません。このため、裁判を実際に体験するには、裁判所に行ってその日にどんな裁判があるのかをそこで確認することしか裁判情報を得ることができません。例えば、東京地裁の場合ですが、8時20分に開門し、10時ごろに開廷、午後の開廷は13時10分となります。なお、1月上旬、4月の上旬および中旬、7月下旬から8月一杯、これらの期間は開廷自体が非常に少なくなります。

 

af9920062037l

タグ :