だれでもできる!裁判傍聴をしてみよう!

裁判を傍聴してみよう

だれでもできる!裁判傍聴をしてみよう! header image 2

傍聴席についたら気をつけること

2014年02月14日 · コメント(0) · 未分類

 

 

傍聴席について気をつけることは、飲食や喫煙をしない事です。もし、それらを行いたい場合は法廷を出て、所定のスペースに移動してから行います。また、気をつけることとしては、裁判の進行を妨げない事です。裁判官や被告人等に対して野次を飛ばしたり、侮辱的な言葉を言ったりせず、静かに裁判を観察することが重要です。複数人でそこに来ている場合は、必要な会話以外は行わないようにする注意が必要です。また、会話を行う時も、小声や筆談等で行い、裁判に悪影響を及ぼさないように配慮します。
法廷内では事件の事や関係者の個人情報等様々な事柄を知ることができます。裁判の争点や自分が疑問に感じたことをノート等にメモを取っても問題はないです。しかし、個人情報についてメモを取ることや裁判員に必要以上に目を向けることはプライバシー保護の観点からあまり好ましくないので注意が必要です。
雨の日の場合、傘を持って裁判所に来る可能性が高いです。その時に気をつけることは、法廷内に傘を持ち込まず、裁判が開始するまでに所定の場所に置いておく事です。法廷内に傘を持ち込んでしまった場合、裁判長から傘をどかすように言われ、裁判の開始を遅らせてしまいます。
気をつけることは、裁判が円滑、スムーズに進まなくしてしまう行為をしないことです。

af9920062037l

タグ :