だれでもできる!裁判傍聴をしてみよう!

裁判を傍聴してみよう

だれでもできる!裁判傍聴をしてみよう! header image 2

裁判所についたら機をつけること

2014年02月14日 · コメント(0) · 未分類

 

 

裁判所と聞くと、堅苦しくて近寄りがたいイメージがありませんか?しかし、裁判所は思いのほか開かれた場所で、法廷で行われる裁判の手続きは原則として誰でも見ることができます。事前の手続きも必要ありません。しかし、マスコミも注目するような裁判では人が多く集まるため、抽選となることがあります。近くの裁判所でいつ裁判をやっているかというの、は各地の裁判所のホームページで確認することができます。取り合えず裁判を見たいという人は地方裁判所がおすすめです。持参品というのも特にありませんが、しいてあげるなら筆記用具です。受付で裁判の始まる時間をメモしたり、法廷内で気づいたことなど記入することもできます。さて裁判所にたどり着き、どこから入ってよいかわからない時は、関係者入り口や立ち入り禁止の貼られていない正門から堂々と入ってください。また裁判所によっては入場の際、金属探知機のチェックを受ける場合もあります。建物に入れば、次は受付を探しましょう。受付で特に許可が必要というわけではなく、その日に行われる裁判の内容が書かれたファイルがおいてありますので、見たい裁判を確認してください。小さな裁判所では受付がなく、直接法廷の前に掲示してあります。建物内の案内図にしたがって法廷まで進んでください。これでばっちりです。場違いだと恐縮せずに堂々と歩きましょう。勝手にエレベーターに乗ってもいいし、売店や食堂に立ち寄るのも自由です。服装に関してはスーツなど正装の必要はありませんが、よほどふざけた格好でなければ問題ありません。くだけた服装をしていても特に注意を受けたり、入場を拒否されたりすることもありません。

 

af9920062037l

タグ :